旅行編、ショート編。旅行編は、エロチィック・エッセイ。ショート編は、日常些事のショート・エッセイ。創作編は、短編小説。マイ・ギャラリーは、各編の自作挿絵の収録。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心何処―ショート 是、分相応の日常為りや。
                 是、分相応の日常為りや。(5/7/14)
 娑婆では連休が終わって、日常が始まった。朝の通勤車がタイヤを鳴らして、自転車通学の高校生達が、抜けて行く。本日は、無風の上天気に為りそうである。焚火の草木灰を移植ごてに掬って、野菜達に掛けて遣る。

 三つ葉の浸しは、香りと歯応えが在って、大人の味である。摘めば、新しい瑞々しい葉が出て来る。健気な物である。そんな三つ葉を摘んで居ると、ゴミ出しに来た町会長さんのお声が掛る。

       町会長さんも、自家製三つ葉をそんな風にして食べているとの事である。

 昨日はNHKの特番で、復活した三陸鉄道を放映して居た。大震災、大津波から三年。三陸鉄道の壊滅映像は、被災当時の三陸鉄道社長の姿を映し出して居た。記憶に残る社長の姿で在った。三陸鉄道に賭ける地域の想いを背負っての社長以下全社員の姿には、感涙した物だった。

 今回の開通スペシャルを見て、想像でしか無かった地域の鉄道に対する熱い想いが紐解かれる様に、その想い80年、不採算線に依る80年もの陸の孤島、不採算に依り見捨てられ、日本最初の第三セクター路線などの歴史に触れた。その地域の想いに<辛い歴史在り>の観頻りで在った。ズゥ~と小田原で単身出稼ぎをしなければ為らなかった亭主、土地を守ってヤマセに水田に水の布団を掛け続けた女房は、悲願の鉄道敷設にヨイトマケに明け暮れした。

 その土地に生まれ宿命に泣き事を溢さず、ただただ先祖伝来の土地と家を守り続ける一生が自分の人生と、笑う77歳の女房殿は、亭主の耕運機掛けを百姓仕事は、旦那より私の方が上手と笑う。

 いやはや、年輪の奥に見える東北人の芯の強さに、涙が頬を伝うばかりであった。実際、実物の存在感に、歴史を重ね、小説を重ね、読了した国民の道徳を重ね観た次第である。

 四の五の言葉で語るよりも、実際の実物は、多くを一切語らずとも、その存在全てが、環境、歴史、人生、道徳の何たるかを象徴して見せて呉れる。自分の宿命を引き受けると云うのは、正にこう云う事なのだろう。日本人に生まれ、日本で暮らせる恩恵を感じられずには居れぬ次第でもある。

 こう云った土地に暮らす人の生活目線での放映は、NHK以外では作れ無い。蛇足では在るが、余りの偏向報道で全額支払いを拒否して来た次第では在ったが、NHK会長も変わって、本音を聞かせて呉れた次第でもあるから、そのご祝儀に全額支払いを復活した次第でもある。

 米所・新潟の米菓あれこれをしていたので、<婆ちゃん、オメコとコメコの違いは、何処なんだろうね。>とポツリ言って遣ると、大正女様は、一瞬、吾が耳を疑うかの表情をした後。何を言うと思ったら、四男坊は、相変わらずの戯けだの<無言にして軽蔑の眼>で見られて仕舞った。

 またまた、馬鹿にし遣がってからに。『耳持聞こえなく為って、頭の中もグチャグチャで、何を言われても分からない。』だって、全部聞こえて、オとコの区別以上の言葉意味も分かって居るじゃないの。ギャハハ~!!

 妖怪様は好さそうであるから、風呂に湯を張る。入浴後は米屋さんにペダルを扱ぐ。甘過ぎるコーヒーを頂戴して、よもやま話をしてお暇する。新築中の工事現場からは、親方にボロ糞に言われ、それに口応えをしている声がビンビンと聞こえて来る。傍目からだと、凄い親方、子分の<犬猿の仲関係>なのだが、言って見れば・・・これも、得難い好コンビの口かも知れぬ。取っ組み合いの喧嘩にも為らず、仕事が進んで行くのであるから、笑っちゃう次第である。

 個人スーパーに寄ると、<待って居ました>とばかりに、カボチャ、白カブ、フキを買わされて、店内の婆連に笑われて仕舞った。

「美味い本物のフキだよ。買わなきゃ損だよ。」に、<偽物のフキってぇのは、何処に在るんだろうね。>の婆さんとの酷い会話と為って仕舞った。ギャハハ!!

 帰って来て、カブを漬けたり、本物のフキを炊く。サッと茹でて、皮を剥いて、身欠きニシンに油揚げを加えて、炊き上げる。カットカボチャは、昼食として妖怪様にお出ししましょうかね。

 賄い夫業も、すっかり本職に為って、吾ながら一連の作業は無駄なくソツ無く、テキパキと進めて仕舞うのであるから、驚き桃の木、山椒の木である。ギャハハ~!!

 庭の睡蓮鉢のメダカに餌を振り撒けば、浮上して来るメダカ達である。吾が家の白カブは、モンシロチョウに大分、穴を開けられと仕舞ったが、長閑な物である。西向かいさんの桜の木の洞に営巣したシジューカラは、孵化して成長して居るのだろう。餌場として吾が家の庭に、シジューカラの姿が頻繁に在る。

 庭に居れば、赤い山ツツジの花に、春子の並アゲハなのであろう。形の小さな奴が、ヒラヒラと蜜を吸いに遣って来る。昨日は、山椒の木に、小振りの並アゲハが三匹、フワフワ飛んでいる姿が在った。山椒の葉に卵を産み付けて、今年も吾が家の山椒に幼虫が、モゴモゴ動き始めるのだろう。

 家にしても、色々な生き物たちの観察が出来て、ロートルとしては飽きない次第でもある。人間の女には不自由この上ない日常では在るが、へへへ、これを称して<分相応の日常>と云うのであろうか。


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/05/09/Fri 11:19 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/05/09/Fri 22:20 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 心何処(こころいずこ). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。