旅行編、ショート編。旅行編は、エロチィック・エッセイ。ショート編は、日常些事のショート・エッセイ。創作編は、短編小説。マイ・ギャラリーは、各編の自作挿絵の収録。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心何処ーショート 小部屋にて、
           小部屋にて、今を盛りの山ツツジを愛でる為り。(5/4/14)
 読書効果と云うのか、好い夢を見た。そんな次第で、朝の一服をする。夢効果か・・・庭の仕上げを遣って見る事にする。
 粗方、川原の利用出来る土・砂・小砂利を持って来て仕舞って居るから、後は役に立ちそうも無いとして、増水後の堆積を見てから持って来ようと考えていたのだが、篩を掛ければ粗砂が取れる。

 踏み石部分に粗砂を敷けば、縁の下から庭に掛けてが、石庭の風情に仕上がる次第である。是非とも遣って見たい<アットホーム的雰囲気作り>である。二畳小部屋からの眺めは、今を盛りの山ツツジの赤が小山の様に陽に映えて、石囲みと好いマッチングを呈して居る。縁側下のバラスとの通路が、黒い土の中の踏み石続きで在るから、風情が中断されてしまって居る次第である。

 此処に粗目の砂を敷けば、庭の半分が石庭の風情で繋がるのである。物は試しである。バケツで運んで来て、篩掛けをして見る。黒土が隠れて、一体感が出て来た。篩に掛けられたバラスは、駐車スペースの四畳半の前庭の横に開ける。これなら見栄えも好いし、車に乗る時の<雨泥濘の回避>にも為る。

 四季は、呆気無くも移ろい行く物である。それを切り取って、風情を凝らすのが、人の手で在る。日本人の生活には、里山が在り、里海が在る。里と云う人間界に接する山、海に手が加わって、自然が自然らしく、人間が人間らしく相互交歓して来たのが、日本人の自然観、生活観で在った。

 今を盛りの山ツツジの様を愛でるには、此処は四の五の言わずに、道産子農耕馬を全うするのが、吾が仕事で在ろう。アガタ・リョウは男で御座る。とほほ。

 遣り始めたら、途中では止めれない短絡的性格である。朝賄いそっちのけで、道産子農耕馬モードに転換して仕舞った。妖怪様は、<倅が仕事をして居るなら、私も>の思いからか、ヨロヨロと炬燵の片付けを始め出した。

  へへ、アリガトざんす。飯は後回し。切りの好い処まで、遣らさせて貰いまするがね。

 2の4の6、8杯は、運ばなければ為るまい。こりぁ、大事である。前半で水が入ったのでは、後が嫌に為って終う。5杯を運んで、休憩方々、飯とする。

 黙々と食べて片付けて、飯後はTシャツ一枚に為って、完成をさせる。丁寧に掃き清めて、想像以上の出来栄えに、自画自賛の一服の友に、妖怪様にお茶を所望して、出来栄えを愛でる。

 おやおや、妖怪様は『今度は、寝具干し』のヨロヨロりである。へへ、触発し合うのが人間同士の心意気と云う物であろう。頑張り為され。俺ぁ、婆さんの倅ですがね。

 大分、草臥れてしまったから、昼はスーパーで出来合い物を買って来て済ませれば良い。煙草も残り少ない次第であるから、買って来ると致そう。

 メダカに餌を振り撒いて、人間とはつくづくと<実際知の生活>を送らないと、西部先生の言う通り、碌でも無い人間に成り下がって終うのだろう。そう云えば、テレビコマーシャルに笹川良一先生の『一日一善』なんて物が在った。ギャハハ~!!

何時まで干すのかと尋ねると、3時半までと言う。然すれば、汚れ物を洗濯して、シャワーを浴びて、本日分ブログ日誌を打ち上げて、読書の続きをすると致そうか。

 石庭完成で、小畳小部屋でのPC打ちをしながら、洗濯干し、寝具の取り込みベットメーキングをして、マイタイムに移行する。

 何時の間にか、空は灰色曇天の様である。毎日の外仕事で、すっかり日焼けが進行して、今や完全にインド人の黒さである。作業中は身体はきついが、結果が立派に応えて呉れている。

 100%人力&自然物利用の原始的作業では在るが、考え方に依っては、これほど贅沢な日課は無かろう。自分で考え、工夫を凝らして、自画自賛の一服を味わい愛でる。人間の満足度の大方は、自力構成が齎す達成感と満足感に在るのでは無いだろうか。オッホン!!


 

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 心何処(こころいずこ). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。