旅行編、ショート編。旅行編は、エロチィック・エッセイ。ショート編は、日常些事のショート・エッセイ。創作編は、短編小説。マイ・ギャラリーは、各編の自作挿絵の収録。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心何処ーショート やっと、面目が立った。 
               やっと、面目が立った。(6/15/11)
 本日は気温が上がらず、ズーと長袖で過ごしている。昼散歩に行って来るが、釣りをしたい物のこの温度では、餌釣りが良い処である。散歩後は、母の部屋で再放送ドラマのお付き合いをするが、朝起きが祟ってすっかり眠くなった仕舞った。布団の中で小一時間の昼寝をする。

 晩飯には未だ早い。テンカラ竿を持って、小一時間程度の釣りに行く。大きなアブラハヤが二匹釣れた。今度は、下に下りてS大横で振って見る事にする。このポイントは、結構釣れるのであるが、何かと人目に付くから夏の夕方の時間潰しに来る所である。格好の淀みが二か所あって、その入口の一寸した荒瀬の口が、暑くなると一番の狙い目と為る。

 矢張り、ハヤが喰らい付くだけで気温が低過ぎるのであろう。流れの速い浅瀬は、水温が高くなると、何匹か釣れる好ポイントである。今年初めてであるから、様子見の気分で二、三度の振りで、場所を替えて行く。前回の大増水で、川相が大分変わって仕舞った。

 小さな落ち込みを狙うと、ヤマメの白い魚体が反転したが、後が続かない。それを過ぎて、次の流れの速い瀬尻を狙う。
 振った途端にガツンと来た。即、合わせた。竿先がグイグイ差し込まれて、大物が走る。こりゃ、大ヒットである。ハリスは倍にしてあるから、そう簡単には切られまい。何んとか水面に出そうともがく。

 出ました!! デカイ!! やいやい、こりぁ上がらんぞ~。遣ったろうじゃないの。野生の魚が勝るか、俺様の知恵が勝るか、真剣勝負じゃい。

 今まで、このサイズだと、プツンの呆気無さだったが、今日は逃がして為る物か~。

 引き抜けないから、竿を立てたまま、慎重に堤防の縁に寄せて、その斜面を使って引きずり上げる。こりゃこりゃ、観念しろ。暴れるな~。
 俺様は、本気を出すとおっかない男だぜや~。ヨシヨシ、事を急いたらお釈迦だ。もう一息だ。

           そりぁ~、如何じゃい。遣った遣った!!

 引き上げた代物は、30cm級のニジマスであった。ヤマメで無かったのが、残念ではあるが、大物に免じて文句無しの達成感である。これで一気に調子付いて、下の大淀みの流れ込みにテンカラを多投すると、今度は十数㎝のヤマメが釣れた。もう、暗くなって見難く為って来たので止めとする。

 ビニール袋の中で撥ねて居るニジマスとヤマメをぶる下げて、ついつい頬が緩んで来る。帰って台所で、スケールを当てて見る。ピッタンコ30cmのどっしりとしたニジマスであった。ベットで丸くなっている老母に釣果を見せると、ビックリして居る。一時間強の大釣果である。

 早速、腹を割いて塩を振って冷蔵庫に、朝飯の尾頭付きで食べると致そう。へへへ、この数日間のモヤモヤが、すっかり晴れた。見たか、俺様の実力を!! イッヒッヒ~。

スポンサーサイト

心何処ーショート 先ずは一匹。
                   先ずは一匹(6/5/11)
 曇天の日曜日である。昨日の<大作キンタマ考>が、丁度好い具合に前日分と5頁に収まったので、それも一緒に通い綴りの中に入れて、戻り分は100頁前後のファイルに入れる。

 そんな事をして居ると、孫を乗せた斜向かい吟さんの車が、車庫入れの為に止まった。窓を開けて、文作綴りをお渡しする。へへへ、キンタマ考に、如何なる感想をお持ちに為るか、愉しみは次の機会である。

 この処、母の分を一人用の土鍋に入れて、即席のお粥として居る。一人用の土鍋は、重宝な物である。この頃では、日曜日は殆どテレビを見ない事にして居るから、時間がある。庭の落ち葉を穿(ほじく)って、ミミズが居たら釣りにでも行こうと決める。

 大した分量には為らなかったが、遊べる分量である。長雨で川の様子も大分変わって仕舞った。長靴を履いて、直近のポイントで釣り糸を流れに流して行くのであるが、雑魚のアブラハヤばかりが釣れて来る。
 貴重なミミズ様であるから、大物の潜む流れのある瀞場で腰を落ち着けて遣る事にする。水の濁りは綺麗になって来ては居るが、まだまだ水量が多い。長靴の丈が足りないのではあるが、渡らなければ釣りに為らないのである。

 ハヤの引きばかりである。釣り場の確保であるから、葦を足で踏み倒して、竿の邪魔に為る枯れ葦を折ったりの釣りである。大物ヤマメの習性を考えて、胡坐掻きの根競べで釣り糸を流れに乗せて行くのであるが、矢張り、ハヤの引きばかりが続く。まぁ、釣れない釣りよりも、釣れた方が良いに決まっている。

 アブラハヤと戯れて居ると、面白い魚信がある。如何やら、鯉の引きである。この川には、野生化した鯉が結構居るのである。ヤマメ釣りの仕掛けであるから、鯉が掛っても釣り上げる前に、プツンと切れて終うのが落ちである。年に何度か、鯉が掛る事があるが、プツンに終わっても、残念とは思わないし、再挑戦の気持ちも起こらない処である。

 然しながら、見えぬ川の中の鯉の気配に、私はファイト満々である。鯉に早合わせは禁物である。ヤマメ釣りであるから、浮きは付けずに目印で糸を流れに送って行く釣り方である。目印と糸の張りで、水中の鯉と対峙するのが、釣りの緊張感と云う物である。

 道糸の張りの先には、ミミズを付けたヤマメ鈎のイメージがハッキリ働いて居るのである。微妙に道糸の張りを引く様にして、相手の動きを探る。

      ヤッコさん、咥え込んで居るな。それ、グィ。ヨッシャ!! 
 掛った。竿先が、弓の様にグイグイ引かれて行く。水中に、野鯉のオレンジ色掛った魚腹が見えた。こりゃ、デカ過ぎる。二度三度、竿を立てようとするが、持って行かれる。案の定、プツンの呆気無さである。

 さて、次のポイントである。流れ横断の折りに、長靴はガッポリと水を呑み込んでしまった。ハヤ二匹の後に、ガツンと来た。ヤマメの引きである。竿先がしなって、白い魚腹が元気良く踊っている。へへへ、面目躍如の一瞬である。ガンガン撥ねるヤマメをレジ袋に入れて、ズボンのポケットに捩じり込ませる。

 餌も残り少なくなって来た。馬鹿ハヤに餌を喰わせて居たら、本命が遠のくばかりである。斯く為る上は、去年切られた大物さんの様子を見に行くべしである。増水で邪魔な葦は、根こそぎ流されては居るが、水量が多過ぎる。落し込みの逆巻く水泡の踊りが、如何にも大物の潜むポイントである。

 このポイントの狙いは、三か所である。ヨッコラショと、川に下りて気合を入れる。流れが急であるから、重りを大きくする。ミミズを鈎に通して、第1投である。再度試すが、当たりは無い。さて、本命である。居れば、一発で来る。

 十分沈めての第一投である。流す。ガツン、ガツン!! 竿を戻す。掛った!! こりゃ、デカイ!! 竿先がグイグイ流れに差し込まれる。

 如何する、上がらんぞ。泳がせろ。走ってる。魚影が見える。糞~、デカイ。切られるぞ。あっ駄目だ。プツン!!

 糞たれが。去年の二の舞か。やっぱり潜んで居たか。今度は、毛バリのテンカラ釣りで対決だわさ。他のヤツに、釣られるんじゃねぇぞ。

 さて、餌も後二匹である。悪足掻きは禁物である。昼の賄い夫が控えている。昼はパン食にして、晩飯はマイタケで混ぜご飯にでも致そうか。魚臭さを風呂で流して、洗濯をしなければ為るまい。
 

心何処ーショート 夏日に、青大将と出っ喰わす。
            夏日に、青大将と出っ喰わす。(5/5/10)
 ゴミ出しついでに川を見ると、未だ濁りは出て居ない。川は、田んぼに取水されて、田んぼの潜り水も合流して居るから、この時季は濁るのである。朝食後に、テンカラ釣り(毛バリ釣り)に出掛ける。出掛けると云っても、川は目の前にある。長靴を履いて河川敷から、葦の中を流れに進めば好いだけの事である。大それた行為でも何でも無い。

 50mも歩けば、最初のヤマメポイントが有る。この川では、黒系統の毛バリにヤマメがジャンプして来る。今年最初のテンカラ釣りである。この数日の気温の上昇ではあるが、さてさて、如何為る事やら・・・勿論、ズボンのポケットには、スーパーのレジ袋を押し込んで来ては居るのであるが。基本的には、様子見の釣り散歩なのである。

 流れに突き出た石に腰を下ろしてのラジオ聴きである。中々に、喰らい付いて来ない。此処は、アブラハヤが多く混じる時間潰しのポイントである。悪食・馬鹿ハヤも、喰らい付いて来ない処を見ると、未だ早いのかも知れぬ。早瀬から、淀みの際を狙って竿を振っていると、バシャリと来た。白い丸々としたヤマメである。大きさは25cm前後であろう。田んぼ水の黄土色が、人間には不利である。毛バリだと、追って来るのが2~3回である。駄目である。
 
 一度川から上がって、河川敷の散歩道を上に行き、再び、好ポイントと思われる流れを見付けて、川に下りて葦の枯れ草をそろりそろりと進む。天候不順から、一気の初夏の気温である。長々とした青大将の日光浴に出っ喰わすのが、こんなシーズンの幕開けなのである。度胸の無い男であるから、目配りだけは慎重なのである。

 居た~。これは、大物である。太い胴体である。1m半はある。太陽に、黄色味を帯びた青さが、ぞーとするほど照かっている。長靴の先で、細い尻尾を刺激するが、冬眠明けの時差ボケなのだろうか・・・動きが鈍い。
葦の枯れ茎で真ん中のふてぶてしい背中を突いて遣ると、向きを変えて、口を開けて飛び掛って来た。

<この野郎、蛇の分際で、俺様の行方を遮るとは、とんでもない了見違いじゃ。よ~し、葵の御紋を見せる前に、少々、懲らしめて遣るかいな。全く、嫌な物に遭遇して仕舞って物である。>

 近くの水柳の青枝をへし折って、その鼻先に出して遣ると、特大青大将はとぐろを巻いて、細い尻尾をパチパチと鳴らし始めている。テレビで見るガラガラ蛇の威嚇行動ではないか!!

  おお、怖い!! 私は空っきし、度胸の無い蛇恐怖症の男である。
           『オノレ、天誅の一撃!!』
 アッジャ~、恐怖心で手元が狂ってしまった。特大青大将の頭に、マトモにロートル・クマ男の面打ちが炸裂してしまった。

 アッジャ、葦原のネズミ退治の大明神様に、物の弾みとは云え、どえらい事をして仕舞った。棒で流れに流そうとすると、頭を浮かせて波間にプカプカしているだけで、一向に流れて行かない。
 どれどれ、如何なる仕組みか・・・水中を覗いて見ると、尻尾を底の鉄筋棒に巻き付けているらしい。為るほど、特大青大将は、マット上で、脳シントウのテンカウントを聞いているだけで、死んでは居ない様である。意識下の行為か、それとも、無意識での生存本能の業か、大した物である。

 これも、武士の情けの内であるから、意識が戻るまで見守る事にした。然程、時間を要するまでも無く、特大青大将殿は、頭を擡げて来た。余程痛かったのであろう。私の方を一切見ようともしない。太い胴体に棒を入れて流れに乗せて遣ると、特有の蛇泳ぎで流れて行き、葦の根を伝わって、青い草むらの中に消えて行った。

    さてさて、蛇との遭遇に、釣り気分の半分は萎えてしまった。

 斯く為る上は、安全パイの釣りポイントで、最後の望みを託してから帰るとしましょうかね。それにしても、暑いじゃありませんか。大物が居るM橋の下で、毛バリを付け変えて、テンカラ竿を振っていると、水中に魚影の白い反転である。空かさず、合わせる。

             ヨッシャ!! 掛った!!

 上がらず、落ち込みに泡の中に、棹がグイグイ軋む。落ち込みを、一気に上げるしか無い。オウリャ、ヤマメの魚体がきらりと光って、葦の縁にズバーンとバウンドした。そして、竿先が空に弾かれ反転した。ヤマメは何処じゃい!! 葦の草をバサバサ鳴らして、大ヤマメの魚影が川に走った。毛バリの結び目が、残っているだけであった。

 嗚呼、釣り落とした魚の大きな事は、落胆の大きさに正比例する物である。去年も、今日と全く同じ失敗をしている。一回り上の毛バリで釣り上げるしかあるまい。手持ちの毛バリでは、大物落としを年に何度か経験して居る処である。遺憾いかん・・・

心何処ーショート 自前の納得・ガッテン。
               自前の納得・ガッテン。(10/14/09)
 河川敷のベンチの上で、胡坐を掻いて深呼吸である。陽炎がユラユラ立って、蝶々がヒラヒラ飛んでは休み、休んでは小さく飛んでいる。ラジオ体操の真似事をして見るが、これでは些か勿体ない。

 ハヤ釣りでもして見ようかと思い、釣竿を取る。餌の練り餌は、金魚の浮餌を水でふやかし、繋ぎに小麦粉を落とす。今日は、ハヤに敬意を払って、真面目に釣って空揚げで食して見ようとの魂胆である。長靴を履いて、ドンブラのコンクリートに胡坐を掻いての釣りである。釣っている内に、欲が出て来た。多分、練り餌では釣れないだろうが、葦原の中に進んでヤマメの掛るか試して見ようと考えた。

 伸び放題の葦の中では、のんびりと胡坐釣りも出来ない。水量も丁度好いし、好く澄んでいるから、スケベ心が湧いて来る。餌を流れに投じると、魚影が動く。好い引きで、手応えも好い。大きなハヤが次々に釣れる。アブラハヤも大きく為るものである。15~6cmはある。この位、大きいと遂、面白く為って来る。小さなバケツは、ハヤだらけに為って来た。煙草も吸いたい事であるし、止める事にする。

 みんな生きている。バタバタ跳ねまわるハヤを捉まえて、まな板で腹を割くが芳しく無い。斯く為る上は、左手に軍手をはめて、口から腹にハサミをぶち込んで切る事にした。この方法だと、実に簡単である。浮き袋などの臓物を抜き取って、水洗いをして塩を塗して、ハヤ特有の滑りを取ろうとしたが、これは芳しく無かった。
 水気を取り、鍋に油を熱して、子細構わず鍋に入れる。しぶとい奴は、未だ生きているから、断末魔の騒ぎである。塚原朴伝宜しく、空かさず鍋に蓋をして、油の飛沫を遮断する。二度揚げして、皿に盛る。揚げ過ぎの態であるが、全部パリパリと食える。遅い昼であるが、成程、行ける。

 アツアツのハヤの姿揚げである。醤油タラタラ、漬物と大盛りのハヤで、一食分のオカズを稼いでしまった。母にも、好評であった。斜向かいのSちゃんも推奨していただけの事はある。<馬鹿ハヤ>と卑下されるアブラハヤではあるが、これは、決して捨てた物ではない。

 朝起き・4000円も出費して、馬鹿高価なワカサギに舌づつみを打つ事もあるまい。何しろ、歩いて3分も掛らない天然の『生け簀』を置いている様なものである。こんな事も、賄い夫のテリトリーかも知れぬ。これぞ、<自前の試して、納得。試して、合点。>ものであった。

       ★お時間のあるお方は、是非、お試しあれ。


心何処ーショート 秋の行楽、副題・ワカサギ釣り
              秋の行楽、副題・ワカサギ釣り(10/4/09)
 朝起きをして、諏訪湖に車を走らせた。釣り船のオヤジは、昨日は悪天候の中、大漁だったと吹聴する。本日は、週間予報の中のたった一日だけ晴れマークである。未だ屋根の無いドーム船は例年と違って、イヤに岸よりの近場に設定されている。何しろ水深が浅い。2mも無い程である。ホントに釣れるのかいな??? 

 釣果を見回りに来た船頭に、昨日は雨に風に大波で、500匹組が何人も出たと得意顔をされてしまった。ドーム船に渡って、早速竿を出す。間もなくピキピキと来て、2匹掛りであるが、形が恐ろしく小さい。まぁ、諏訪湖のこう云った小ワカサギが美味いのである。数さえ掛ってくれれば、私としては、一切文句は無いのである。
 チンタラ、チンタラと10匹程を釣った後が、無しの礫の凪ぎの湖面である。結構な面積のドーム船は、釣れる個所が二か所だけである。ロートル夫婦と父娘のコンビの処が、コンスタントに小さな奴が1~2匹掛りをしている。

  何度と無く、痺れを切らして場所を移動するが、続けて4匹と釣れて来ない・・・
 こりゃ、駄目だ。合羽を着て釣りをする程の根性も無いし、雨日に諏訪湖まで繰り出すズクも無いし・・・

 凪ぎの湖面には、釣り船・ボート釣りが、風光明媚な観光写真の様に浮いている。中にはハイカラな男が居て、自前のカヌーを漕いで、釣りをしている。中々、様に為っている。水深が浅くて、凪ぎの綺麗な湖面である。釣れて来るのは、一番下のハリだけである。快晴の秋空の温かさに、好い気持ちに為って来た。この分では、魚信は無いだろう。気分だけで秋の行楽と、洒落込むしかあるまい・・・ 落下防止柵を背に、足を投げ出して居ると・・・さざ波に呼応して、白河夜船に為ってしまった。

 遺憾いかん、晩のおかずが賭かっているのである。貧民に徹して、貪欲にワカサギを釣るべしである。タイムリミットの三時まで釣果を稼ごう!!・・・であったが、丸きりのタイテのコラサである。2mも離れていないのに、同年配者の男の竿には、コンスタントにワカサギが付いている。私の方は、完全に戦意喪失である。後学の為に観察させて貰う。

 男は、兎に角、マメである。仕掛けを3種類ほど持っていて、小まめに取り換えをしている。餌の紅サシも、半分に切って使っている。ハリの大きさも、頗る小さい物を用意して、掛るワカサギの大きさに合った物を付け変えているのだろう。何しろ、手際が好い。私の釣りは<運釣り>で、彼の釣りは<腕釣り>なのである。これでは、逆立ちしても、釣れぬ筈である。

 途中で食事をして、帰りの東山麓ドライブは、秋の行楽気分であった。結果は如何であれ、ムズムズ気分にガス抜きは出来たのである。これで、当分ラジオ情報には、心穏やかに接して居られると云うものである。夕食は、食の細い老親子の気持ちだけの秋の味覚には為るだろう。

 当初は主題ワカサギ釣り・副題秋の行楽を目論んでいたのであるが、釣りの途中から、秋の行楽気分に移行してしまった貧民の一日でありました。へっへっへっ!!
Copyright © 心何処(こころいずこ). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。